外壁塗装の悪徳業者と優良業者

外壁塗装の悪徳業者と優良業者

外壁塗装 悪徳業者 優良業者

 

 

外壁塗装に限らず悪徳なリフォーム業者は存在します。
悪徳業者には依頼したくないので、何とか見分け方が知りたいと思いませんか?

 

しかし残念ながら、「私は悪徳な外壁塗装業者です」といういかにも悪そうな営業さんはほとんどいないです。

 

それよりも親身になって、しっかり話を聞いてくれて、初見はいい人であることが多いです。
ですから見分けるのは難しいのです。

 

悪徳業者かどうか見分けるにはいくつか方法があります。

 

・設立年数が短い
・年間施工数が少ない
・必要な資格を持っていない
・営業がしつこい
・過去の施工例を見せてくれない

 

こういう業者には注意が必要です。
他にも今すぐ申し込んでくださいと迫る、今すぐ契約して頂けたら半額にしますなど、契約を迫ったり大幅な割引をする業者、ちょっとおかしいなと感じたら契約するのを止めましょう。

 

外壁塗装工事はダマしやすいと言われています。

 

まず交渉の相手が知識のない素人であること、作業が屋外でずっと監視することができないこと、作業が高所であることで3回塗るはずの塗料が2回で終わらせても気が付きにくいことなど、いろいろ手を抜く方法があるのです。

 

塗料を通常よりも多めの水で希釈するなど素人では気がつきませんし、気がついても数年経過したあとだったりするのです。
それでいて外壁塗装の費用は高いので、悪徳な塗装業者が狙いやすいとされ詐欺まがいの契約が多いと言われるのです。